NBCチャプター東京

練習は裏切らないよね…2020年NBC東京チャプター①相模湖戦の反省

  1. HOME >
  2. NBCチャプター東京 >

練習は裏切らないよね…2020年NBC東京チャプター①相模湖戦の反省

新型コロナウィルスの影響は止まることを知らず。今年こそは!と、意気込んでいたNBCチャプター東京の第1戦はなんと夏の7月26日(日)の開催となった。

サンデーアングラーここにあり。本番当日に突貫工事のように試合に臨んでも返り討ちに遭うわけで、その反省点をここに記しておこうと思う。

濁りの入った令和2年の相模湖のバス釣り

昨年から、自らの釣技を進化するべく参加しているNBCチャプター東京。相模湖と津久井湖をテレコで試合を行っていく、関東タフレイク(!?)と言われた2つのフィールドをトレイルする伝統あるチャプターである。

サンデーアングラーとして嬉しいのは日曜開催であること。チャプターは(トップカテゴリーも)、平日開催が主なところも多々あり、ベタなサラリーマンアングラーにはそれなりに参加障壁があったりするわけである。

その点、チャプター東京は日曜日が開催日なので、サラリーマンアングラーも通いやすい。そして、都内からも近いと言うことで参加を決意していたわけだ。

2019シーズンは全戦参加したものの、ホゲ&デコ多発で全く歯が立たずのフィールドとして終了であった。H-1グランプリなどで経験はなくはなかったのだが、牛久沼をベースにしたのが長すぎたのか…マッディシャローの体質はなかなかに変わらずいつもいつも返り血ばかりを浴びてきたのだ。

そして、コロナ渦で年間2戦のみとなった令和2年初戦の相模湖は、前日の大雨もあって湖全面に強い濁りが入った。

基本、濁った(汚いわけではない)牛久沼出身なので、インビジブルでの試合には慣れている!?と言うか、精神的に安心材料となり「これはイケるかも!?」と淡い勘違いをしながら試合に臨んだのであった。

練習(プラクティス)は裏切らないのがバストーナメントなのか

そして、結果は言うまでもない。ホゲ&デコで終了だったわけである。

ナマロー
しゅーーりょーー!

である。

当日も50人弱の参加があった試合だったが、長年、相模湖に通いこむ手練れたちも手を焼くタフ具合で、さすがに強い濁りはサイトの達人たちを沈黙させ、シュアーな釣りを展開してくるアングラーたちがお立ち台に立ったのであった。

とはいえ、そこは歴戦の勇者たちが集うチャプター東京。ベテランを含めて、釣りの内容には唸らされることばかりだった。

そして、彼らに共通していたのはしっかりと「練習(プラクティス)」をしていることであったと感じた。

サンデーアングラーで「釣りの練習」をすること自体が、かなりのコアなお話ではあるのだが、ことチャプターで上位に入ってくる人たちはこと真剣・本気・マジ卍なわけで「練習(プラ)」を欠かさないのだ。

私はと言うと、2週前に日相園で行われたボート屋の大会「日相カップ」に出場したものの、前週は牛久沼へ。

なかなかに、練習を積むことができなかったといういいわけなわけで。どんなわけで。

濁りの相模湖・・・パワーフィネスからサイトフィッシングまで多種多様な釣り方が出た!

さて、上位陣の釣りのリポートについては詳細はチャプターと言うこともあり控えようと思うが、濁りの相模湖とは言え、優勝したアングラーはなんとサイトでの釣り!と衝撃の内容を披露。やはり「相模湖では見る」ことの重要性を再認識させられたのだった。

他にはパワーフィネスやテキサスでの釣りなど、現在の自分でも応用が効きそうな釣り方を皆さんしてきたいたのでその釣りに関してはこれから習得していきたい…と課題にしたサンデーであった。

課題山積み。おそらくこれは死ぬまで続くのであろう。

↓↓私もパワーフィネスタックルをしっかりと組み試合に臨んだ!!!

https://twitter.com/nama_ryu/status/1287138742843535360

Twitterに書いたように、9割レジッターなわけだが、この日はノリーズロードランナーのジャングルスピンを帯同させた。

相模湖にパワーフィネスは欠かせないだとということである。トップアングラーはパワーフィネスを武器にしている人多数。勉強としても、このタックルシステムを組まないわけにはいかないのだ。

結果は聞くなッ!

https://twitter.com/nama_ryu/status/1287730571003564032

新型コロナウィルス対策もしっかりと

NBCチャプターでは新型コロナウィルス対策もしっかりと行う方針とのことで・・・

▼検量時のソーシャルディスタンスの徹底

▼表彰式の際のソーシャルディスタンスの徹底

▼陸地でのマスク、フェイスシールドの着用

等々、これまでの大会とは異なるウィルス対策がしっかりととられた。

この対応はいつまで続くのか…郊外で行われる釣り大会・トーナメントである。対策はしっかりと行うに、現在夏の時点ではやむを得ないと感じている次第だ。暑い夏…大変だ。

冠は…古沢勝利プロ&ラッキークラフト&サンライン!

当日は3つの冠スポンサーが協賛されてのチャプター東京であった。協賛のおかげで、ステキな協賛品もいただくことができた。

しっかりとフィールドで使って、結果としてフィードバックしたいものだ。

こうした「いただきもの」はしっかりと現場で使って、その様子をUP・発信することが今後の楽しいチャプター開催に繋がると思う。なので、こうして超絶微力ながらSNSにもアップしていくようにした。

ありがたい話であります。私も、かつて営業職にいましたがこうした『協賛』はタダなわけではないわけで・・・いただきものとは言え、これらは誰かの生活がかかっているわけだ。そのことを忘れずに、楽しみつつも大切に使っていきたいと思う。

相模湖から孵って・・・雨後の乾燥が大変

ベローズギルなどのお気に入りを、雨後の釣行の定め・・・乾燥をさせた。

残念ながらサカナは釣れなかったですが、持続して食らいついてくる可能性を感じさせてるルアーであった。

https://twitter.com/nama_ryu/status/1287730571003564032

次回こそは、しっかりと結果を残したい。それには釣りへの意識改革がズガーーンと必要な気がしてならない。コンサバでいていいのかいな!?私たちは!?

雨だと画像は少な目でございました。(実はスマホのバッテリーが切れてしまったのだった)

おススメ記事

-NBCチャプター東京

Copyright© ナマローブログZERO , 2020 All Rights Reserved.